TKGaming

NEWS

DATE:2019.04.06 / WRITER:nullpe

Tkgaming.ExceptionsのRoster Update

 Tkgamingは所属チームであるTkgaming.Exceptions(TE)のロースター更新を行う。
 残念なことだが、TEは所属していた全プレイヤーを放出しチームの解散を行う。
 TEは、2018年3月にTHK(現Tkgaming)の下部(育成)チームとしてスタートした。2018年9月にメンバーを一部入れ替え、現メンバーで再スタートした。その後いくつかの大会を経てメンバーとともに成長をしてきた。
「第13回燕杯」では1勝も挙げられなかったものの、現メンバーで出場した「第14回燕杯」では待望の対外戦初勝利を勝ち取った。そして「第15回燕杯」では同率であるものの2位入賞を果たすことができた。
 しかし最も大きな大会である「第3回マラかっぷ」では1回戦敗退と、残念ながらTEの能力を最大限発揮することができず終わってしまった。


 さて、今回行われた全プレイヤーの放出に話を戻そう。
 今回のプレイヤー放出はチーム内の不和やインセンティブの不一致といったチーム内のネガティブな要素によるものではない。
 新年度になりほとんどのメンバーが新生活に向けて動き出している。そんな中でチーム活動を続けていくのは難しいと考え全メンバーの放出を行った。また、すでに現TEのメンバーは2019年3月いっぱいをもって解散する予定であったため今回の選手放出は予定通りのことであった。
 以下はキャプテンである’nullpe’のコメントである。

「まずはメンバーを集めることと多大な意見を与えてくれたTkgamingの’ほそかも’氏と、このチームに大きな勝利をもたらしてくれたメンバーに最大限の感謝を。
 1年間(実働自体は約6ヶ月くらい)チームとして頑張ってこれたのもメンバーみんなのおかげ。
 TEとしての勝率は低いものだが,TEとして対外戦勝利したのは初めてだし,(一応)初めて大会入賞の経験もできた。これから各々の戦場で戦うことになるだろうがここで得た経験を活かしてもらいたい」

 なお、今後teは活動の一切を凍結し新たなメンバーの募集は行わない予定である。